医療事務の面接で受かるコツとして、以下の3つが挙げられます。 ・清潔感ある身だしなみ ・笑顔で明るく話す ・質問されそうなことを事前に想定しておく 医療事務の面接で最も大事なことは、清潔感ある身だしなみで受けることです。 これは医療事務に関わらず、医療系の仕事全般にいえることですが、清潔感が感じられない人は採用されません。 医療系の仕事は、清潔感に非常にこだわるので、身だしなみには十分に注意してください。 女性の場合は、ナチュラルメイクを心がけて、髪は束ねるなどしてまとめましょう。 また、爪は短く切り、ネイルはしないようにします。 男性の場合には、短髪で黒髪が好ましいようです。 それに、髭をきちんと剃ることも忘れないでください。 そして、人とのコミュニケーション能力も試されるので、笑顔で元気にハキハキ話すようにしましょう。 そのためにも、質問されそうなことを事前に想定して、回答を用意しておくといいかもしれません。 医療事務の面接を受ける場合は、こういったことを意識することによって、面接担当者からの印象が良くなります。